不動産について

敷金の返還額に納得できないので裁判を起こす

賃貸物件を利用するとき、貸主と借主の間で賃貸借契約を結びます。
互いに同意をして、判を押すなどして契約内容に従うことになります。
契約期間が満了したり、解除などでその契約を終了させるまでは契約が続きます。
もし何らかの問題が起きれば、まずは当事者間での話し合いになります。
原状回復を敷金に充てるケースなどの問題が良くあります。
敷金の返還額に納得できないなら、まずは明細を見せてもらいましょう。
さらにそれがが契約書に則っているか、国土交通省の定めるガイドラインに沿っているかを確認しさらに話し合います。
それでも対応してもらえない場合は、法的な手続きを取ります。
弁護士に依頼をするのが一般的ですが、依頼料がかかるのであまり意味がない可能性もあります。
この時は、少額訴訟と呼ばれるものを利用できます。
弁護士に頼らなくても、自分で簡単に手続きが行えます。
この時は、貸主の住所を管轄する簡易裁判所に訴訟を起こします。
必要な書類や書き方などもサイトなどでチェックできます。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

敷金の返還額に納得できないので裁判を起こす