不動産について

査定をして中古物件の価値を調べる

建物は年月が経過するごとに老朽化し、市場価値が下がっていきます。
一般的な建物であれば、築20年を経過すると建物としての価値がゼロになると言われています。
つまり古い建物を売却する場合、土地の価値が売却価格を左右することになります。
中古一戸建てや中古マンションを売却しようと思ったら、一括査定をして市場価値を調べる事が大切です。
一括査定はオンラインで出来る無料サービスです。
沢山の不動産会社に査定を依頼できるので、時間がない人にもお勧めです。
一括査定をして市場価値の相場が分かったら、今度は訪問査定をしてもらいます。
訪問査定とは、建物の実物をじっくり調べてもらい、老朽化具合をチェックして最終的な査定額を出してもらう作業です。
適切な査定額を調べることは、中古物件を売却する上で大事なことです。
不動産会社によって査定の出し方は違います。
どうしてその査定額になったのか、しっかり説明できる不動産会社に媒介を依頼することが大切です。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

査定をして中古物件の価値を調べる